年の瀬イルミネーション2011[新橋-汐留・丸の内(2)編]

多くのイルミネーションはクリスマスをもって終了なのですが、そこの3連休で撮影を全く行えなかったため、盛大に見損ねた感のある2011年です。それどころじゃなかったっつの。











上から順に新橋駅前SL広場~汐留シティセンターの表と裏を通りつつカレッタ汐留まで。クリスマスツリーは日テレ前のもの。
日テレ周辺は激減というレベルではなかったですね。近くにスターバックスがあって周辺が例年だと眩いばかりの光で彩られているのですが、そこに関しては「全滅」していました。汐留シティセンター前も裏側はともかく表側の仕掛けが例年に比べ大幅に少ないため、カレッタが始まる前までは見所がない有様。カレッタだけはほぼ例年通りの雰囲気を見せています。
汐留シティセンター・カレッタ汐留ともに1/9まで、新橋SL広場は1/7まで。





光都東京LIGHTOPIAは今年で6回目だったかな。東京ミレナリオ終了に伴い、その代替として始まったと記憶しています。ミレナリオが異常な動員数であったのに比べれば以後の丸の内は静かなもんです。
丸の内のイルミネーションは仲通りが先に始まり、LIGHTOPIAが遅れて始まる2段構成になっています。仲通りはほぼ例年通りですが、LIGHTOPIAは大幅にその規模が縮小されました。半減かそれ以上くらい。深夜充電した電気自動車のバッテリとソーラーでの運用らしい。こちらは本日12/29で終了になっています。

**********

あちこちのイルミネーションを見てまわって思うのは規模を縮小すると人も来なくなるという事で、経済効果的に今年は周辺で営業しているお店も厳しいんだろうなあと思わざるを得ませんでした。ウチだってイベントやってるからあちこち見に行くんだし。所詮は電気のムダ使いかも知れませんけど、カラ元気であっても人を連れ出せば金が回りますから。程度を見極めつつ、やめる事なく来年以後も頑張って欲しいなと思います。

あと今年は気のせいか「忘年会」を「望年会」という言い方にするお店が増えたかな?
忘れてはならない事が特に多かった2011年。後年になって「あの年が大きな節目だった」と恐らく言われることになるであろうこの年。動き出す時代の中で、前向きな気持ちで進んでいきたいものですね。

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree