とある日の秋葉原の光景

10月 30th, 2011 No Comments »

ラジ館に突き刺さった人工衛星見て来ましたよ。
 
知ってる人は皆上を見て写真を撮っている光景が、知らない人は皆上を見ているのを同じように見て「え、なんだあれ?」となっている光景が、どちらも面白かったですね。こんなん二度と見れないわ。

足袋、修理の旅へ

10月 24th, 2011 No Comments »

地下足袋がいい加減カカト擦り切れそうだったので修理に出して来ました。
足袋と言っても祭で見かける白いのとか大工さんが使うようなヤツじゃなくて、カジュアル足袋ですね。

■SOU・SOU
http://www.sousou.co.jp/

これは買った時の写真。
ウチは比較的新参な方で、使用歴2年くらい。お店自体は東京に進出してから7年になります。京都の方では店舗をいくつも展開していて常識かも知れませんが、こちら(関東)での知名度は(お店のある青山やその周辺を除くと)お世辞にも高い方とは言えない模様…知ってる人は知っているレベルでしょうか。たまに靴を脱ぐような店などで「え、足袋ですか…?」みたいな事言われますしね。ええ足袋ですよ、いいですよカジュアル足袋。足首すげえ柔らかくてクセになりますよ。ウチのみたいに先丸のもありますから。

…で、修理はと言うと「ゴム材にてカカトを補修する」(500yen)か「カカト部分の底ゴム張替え」(2000yen)どちらかになりますとの事。底ゴム全交換とか生地部分に穴が空いたとかはどうやら対象外みたい。所要期間は京都まで修理に出すので約2週間。危うく京都旅行に間に合わないところでしたが、それは何とか回避の見込みです。東京で依頼出して京都で受け取って東京帰って来るとか面白い事をしても良かったんだけど、出来れば直した状態で旅行に出たいですしね。間に合いそうで何よりだ。
生地自体は大変丈夫なので、床ゴムの張替えしていればまだまだいけます。修理不能になるまで存分に履き倒して行きたいですね。

**********

来月3泊4日で大阪京都を予定しているのですが、今回の行き場所を決めた理由の1つに、このSOU・SOUがあったのです。本店見た事ないのだわ。その辺は旅行後のエントリなんかで触れたいなあと考えています。

101人目の村人

10月 18th, 2011 No Comments »

■スワロウテイル/幼形成熟の終わり/籘真 千歳
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/21046.html
■スワロウテイル人工少女販売処 蝶と金貨とビフォアレントの雪割草/籘真 千歳
http://www.hayakawa-online.co.jp/news/detail_news.php?news_id=00000478

「約束の方舟」の時にも触れた、去年辺りからラノベ出身作家がハヤカワで書き下ろす流れが出来ている話。その中で割り合い高い評価を受けているのがこのスワロウテイルです。前作「人工少女販売処」は2011年版「SFが読みたい!」で国内12位、2011年星雲賞長編小説部門は受賞こそなかったものの最終候補まで残るなど一連のラノベ作家ハヤカワ進出シリーズの中で頭ひとつ抜けた存在となっています。そんな続編がこの秋登場の運びとなりました。

前作及びシリーズ概要は割愛します。
今​作では世界観概要の基礎工事の部分が完了しているため進行はかなり穏やかに。​個々の描写には十分な文量が割かれ、駆け足進行がなくなったため見通しが良くなりました。デビュー作「θ 11番ホームの妖精」の頃から「題材のチョイスはいいのに詰め込みすぎ」て勿体ないなあとずっと思っていただけに、ここに来て地に足のついた見事なものが出て来て「この人のこういう物語が読みたかったんだよ!」と嬉しくなりましたね。えぇ、大変満足しております。
ちょっとところどころ説教​臭く感じる向きもあるかも知れませんが、あくせく進行しなくて良​くなった余裕が「著者の元々やりたかったであろう事」に回された結果こうなった、と捉えるべきでしょう。そこまで含めて氏の個性だと。ウチはそんな説教臭さ、嫌いじゃないですよ?

長編第2巻に続いて無料配布が開始された短編2作目・雪割草については、残念ながらいつもの「ページ数と要素、書きたい事のバランスがあってない気がする」感じに戻ってしまいました。これは短編1作目・ポインセチアにも言える事で、多分この人はページ数の上限を決めずに書きたいだけ書かせてしまう方が向いていると思う。相変わらず題材や小道具のチョイスはいいんだけど、ページ数としてはもう1.5~2倍は欲しかったかも知れませんね。
出来れば今後は小出しでではなく、じっくり長編に取り組んで頂ければと願います。

**********

そういや来月にはもう「このラノ2012」が出るんですね。ウチはラノベを主軸で読んでないので、このラノ自体は「ああそんな時期か」程度の印象ですが、このラノが出てこのミスが出るともう年末な訳でありまして。今年も残すところそんなには多くないのだなあと…年賀状も注文受付始まってるところあるし。
ああ来年の年賀状の柄どうすっか。ああ…。

想いは時空を越えて

10月 16th, 2011 No Comments »

■特急便ガール!/美奈川 護
http://mwbunko.com/product/2011/02_05_isbn.html
■超特急便ガール!!/美奈川 護
http://mwbunko.com/product/2011/08_04_isbn.html

超一流会社に就職、専務秘書として配属され出世街道も約束されていたのに、事もあろうか上司ブン殴って退職した吉原陶子。辞めた会社の元同期にバイク便の会社を紹介してもらい…といった感じで始まるワーキング・コメディ。ああなんかこんな感じの、負けず嫌いで普段の気性がとても荒いんだけどビジネスになると別人の様に豹変するような人がウチの昔の知人にも居た気がする。他人事感しなさ過ぎて妙な親近感が…。

それはさておきこの話、題材や舞台・登場人物の要素的に特に目新しさはありません。ゆえに比較的先の展開が読みやすくもあるのですが、”非現実的要素” が作中にひとつだけ存在し、それがこの作品を只の働くOL奮闘物語で終わらせない仕掛けとなっております。
その “非現実的要素” のおかげで物凄い場面の飛び方が頻発するも、著者自身の経験が多分に反映された細やかな背景描写により、読み手が混乱する事はありません。また描写だけでなく各章及び全体構成のリズムや人物・伏線の配置も非常に丁寧で、陶子の気性の粗さ・打算的・突撃っぷりとその真逆を行く著者の丁寧な仕事ぶりのコントラストが面白いですね。つまり見所は物語そのものじゃなくて著者自身という。

気になる点があるとすれば…起承転結がとても綺麗な方だからこそ引っ掛かる「冊単位で見るとまだ転の手前までしか行ってないんじゃね?」感でしょうか。一応2巻でそれなりにまとまっているのだけれど、もう少し大きい山というか転換が欲しい。発展の余地もまだ十分に残っていると思います。それなりに好評な様ですし期待したいところですネ。

**********

話は変わって、週末は法事のついでに深大寺・神代植物公園を散歩してくるなどしました。


母の実家が調布なので、深大寺・神代植物公園は小さい頃から馴染みがあります。母の飼っていた犬のお墓も深大寺にありますし、深大寺そば大好きなのもあって時々行ったりしていたのですが「ゲゲゲの女房」刊行後観光客がめちゃくちゃ増加してですね…舞台探訪の連中鬱陶しいなあとしばらく避けていたのです。まだちょっと人が多い気がするけど、許容範囲内には落ち着いたと思います。

神代植物公園は今年で50周年、写真は秋のバラフェスタ開催中だったのでそこから1枚。
特別バラが好きというわけではないけど、植物をのんびり眺めるのもたまにはいいものです。

状況の変化

10月 12th, 2011 No Comments »

気がつけば3年半も続いているtwitterですけども、最近post数が減少傾向にあって日中とか9割減くらいになっております。人に会うと「あんまりTLに居ないね」等とも。もしかして飽きた?
んなこたねえよ! TL見たいんだよ! twitter疲れなんかこれっぽっちもしてねえよ!

…会社で「チャットらしきもの(=twitter)するのはやめろ」と言われてしまったんですね。いや1年くらい注意されつつも素知らぬフリをしていたのですが、そろそろ冗談では済まなくなってきたので今は会社でTLを見る事が殆ど出来ない状態なのです。post投げるだけならラー大とかでいいのですけど、返事を見ようとすれば「またチャットか」って話になりかねませんし。

で。
twitterを始めるとblogの更新が疎かになりがちです。ちょっとした事ならpostして片付けてしまえばいい訳で、自分も御多分にもれずそのクチでしたが、こうもtwitterに絡めない状態になると、思考の捌け口として先祖返りが発生致します。
そういう経緯により今後はblogのエントリが恐らくは増える予定です、というお知らせ。

**********

とりあえず今回は近況という事で。
減量生活は開始比-16kgを超えた辺りからリバウンドこそないものの急激にペースが鈍化し、現在はほぼ横ばい。-20kgは行きたかったので食生活も一応継続中ですが、実質的に強化期間は終了しています。
読書は9月丸々お休みした後10月より再開。1ヶ月まとめて起こしていたエントリも今後は個別に戻す方向で。ただ “諸事情” につき読書量は少し落ちるのではないかという見込み。

オンラインゲーム…FF11については先月末にLv上限が90から95に引き上げられ、即刻持ちジョブをLv95にし、追加された強敵とのバトルコンテンツ「ヴォイドウォッチ」第2章もVer.up週末には実装分終了しております。が、読書の所で触れた “諸事情” がここにも影響していて、プレイ時間は大幅に減る見込みです。でもプレイ時間減少の見込みは実は春先にはわかっていた事なので、これは予定通りなのです。
次なるLv99への引き上げやヴォイドウオッチ第3章以降の実装など大きな動きがあれば、その時は一時的に優先度を引き上げる事にはなるでしょう。

その他直近の予定としては、来月20~23日にかけて関西に旅行を。今回はオフ会や遠征などではなく純粋に観光目的としています。ウチが真面目に観光とか実は相当珍しいんだけど、まあ心境の変化などがありましてですね。
それでも、向こうで普段なかなか会えない人に会えたらいいなくらいには思っていますよ。旅行中は積極的にpostしたいですね。会社じゃないですしね。

——————–

“諸事情” について公にする事は出来ません。永遠に出来ないかも知れません。正直誰かに相談したい気もするのですがどう相談していいかもまだちょっとよくわからん。仕事絡みでない事だけはハッキリさせておきますけど。仕事は毎日全力で定時退社しています。
変化があるようで無いような、でもやっぱりあるような、そんな季節の変わり目という事で。ではまた次回。