PS4向け音ゲー専コン「VIRGOO FEVER」導入記

1月 18th, 2018 No Comments »

■DJMAX RESPECT(日本)公式
http://www.arcsystemworks.jp/djmax_respect/
■VIRGOO FEVER
http://jp.virgoo.me/VGF/

現在も継続してプレイ中のDJMAX RESPECT。
このゲームに対応するPS4用音ゲーコントローラとして、VIRGOO FEVERを買ってみました。


あらかじめ書いておきますが、DJMAX RESPECTは専用コントローラを必須とするゲームではありません。理論上は標準のデュアルショック4で押せるよう譜面が作られており、例えば十字キーの←と↑の同時押しはあっても、←と→の同時押しは出て来ないようになっています。今作では譜面がランダムになるモードも存在しません。
とは言え、あくまで理論上なので難しい譜面ほど手先器用選手権の度合いはエスカレートしていくのですが、自分の場合は過去に左腕を骨折した際に筋を痛めてしまっており、親指にかかる負荷を軽くしたい意味でも専コンは導入しておきたかったのが実情でした。


■注文から発送まで

11月末から12月末にかけて注文受付が行われ1月に入ってから原則注文順で出荷開始。お値段は日本円で3万円ちょっと(+配送費)。
何らかの事情で若干前後が発生しつつ、カスタマイズしていると出荷時期が更に遅くなるそうで、自分の場合はパーツ標準構成・同梱内容がシンプルな標準版を受付開始翌日朝に注文。1/11出荷1/16着荷となりました。コントローラ裏面にはシリアル番号と共に出荷日が記載され、こちらも1/11。配送業者はDHLが指定されていて、あそこは大体配送遅いので不安だったものの、今回に限ってはまあまあ早かった気がします。

なお今からの注文は出来ません。受注分のみの販売で既に締め切り済、その後は特に販売を予定していないそうです。今から新品でこのような鍵盤スタイルコントローラを入手したいなら、EZMAXを選ぶことになるかと思います。ちなみに国内ではPS4向けとして鍵盤スタイルコントローラを出しているメーカーはありません。


■DJMAX RESPECTとしてのキーバインド

さてこのコントローラ、beatmaniaIIDXと比べるとボタンが妙に多い。それはDJMAX RESPECTのあらゆるモードに対応しようとしたからで、キーバインドは普通に接続した場合、以下の通りとなります。


まず気をつけないといけないのは、十字キー←と→の同時押しはPS4が受け付けないこと。これはゲーム機側の信号受付上の仕様で、DJMAX RESPECTでは5ボタンモードプレイ時に、うっかり勢いで押しそうになる可能性があります。ソフト側のキーコンフィグで→/○/×/△/□といったように設定してしまった方が良いかも知れません。

皿部分は恐らく人によって評価が分かれます。アナログスティックのあるコントローラであれば、ゲームプレイ中「アナログスティックを回せ」と画面に表示される部分では(指示通りでなく)スティックをどこかの方向に倒すだけでOK判定となります。ところがこのコントローラを使うと、実際に皿を回し続けなければいけません。そしてこの皿の位置が、実際に使ってみると思いの外キーから近い。ここのプレイフィールに慣れるまでは少々時間を要するような気もしますね。
皿自体の重さは重すぎもせず適切。表面が人によっては滑る可能性があるので、滑り止めシートを別個貼ってみるのもありでしょう。

またOPTIONキーは複数の機能を兼ねています。2回連続で押せばタッチパッドを押した判定、1.5秒押し続けるとL2/R2をロックorロック解除。DJMAX RESPECTでは一部場面で10ボタンモードになった際L2/R2を使いますが、それ以外でL2/R2はスピード変更として使用します。この時、ボタンが手前にあるせいでうっかり触っちゃってスピードが変わったらたまったものではありません。それを防止するためのロックです。


■初音ミクFutureToneとしてのキーバインド


接続時に指定のキーを押すことでキーバインドが切り替え可能で、これは初音ミクFutureTone向けのもの。
先に言及した←+→の信号受付不可はFutureToneの方がより影響します。HORIが発売しているFutureToneコントローラはこの配置じゃありませんね。ソフト側のキーコンフィグで変えてからプレイすることをオススメ。製造メーカー側はもちろんこの←+→が受付されない仕様は認知していて、もしファームウェアで回避出来るなら対応しますとのこと。出来るのだろうか…。


■その他キーバインド


デュアルショックがPCで普通に使えるように、このコントローラもPCでも使えます。PC用beatmaniaIIDXで使ってもいいだろうし、DJMAX Trilogyで使うのもアリ。

———-


底を外してみたところ。ネジ4つを普通のプラスドライバーで取るだけ。
ボタンの適度な重さやクリック感は標準パーツ構成でもしっかりしており、特に問題は感じていませんが、もし後からボタンを変えたくなっても作業は楽な感じですね。狭くもないし(皿はどういう仕組だろう…)。
コントローラ自体の重量は2.5kgあり、よっぽど乱暴でもない限りぐらついたりしない安心感があります。

**********

総括すると皿の仕様には慣れを要するのと、←+→等をやっちゃった時に反応しない仕様上解決出来ない点だけ気をつけること、この2点が懸念点な程度で総じてよく出来ておりガワもなかなか丈夫です。
皿にまだ慣れていませんが、さっさと慣れてこれからのDJMAXやその他音ゲーをこれで遊び倒して行きたいですね。

XAC-1導入記

4月 21st, 2013 2 Comments »

■ゲーミングコンピュータデスク XAC-1
http://micomsoft.co.jp/xac-1.htm
▼マイコンソフト,ゲーム用デスクや1080p/60フレーム対応のキャプチャカードなどを「CEATEC JAPAN 2012」で披露
http://www.4gamer.net/games/017/G001762/20121002085/

買いました。
実物見てないと凄さがわかりづらいのですが、この机ゲーミングと銘打つだけあって、32インチの液晶モニタがあれば汎用ビデオ筐体ビュウリックスと各種寸法がかなり近くなるように出来ています。これで満足出来ないのであれば筐体買えという、それだけの代物です。買わない理由がないでしょう。

巨大な段ボール×5と、70Lポリ袋を6つ消費するほどの発泡スチロールを先に片付けてから組み始めます。


脚と横板を組み…。


足元の棚板と台座を組む。この窪みに天板を乗せ…。


机とモニターアームと液晶モニタをガッチリ取り付けて…。


部屋の片隅はこうなった。本来モニタの上に生えるべきインストパネルは取り付けを省略しています。これをやってしまうと後ろのスクリーンが隠れてしまうので。
その壁のお手製スクリーンは3/31のエントリ時点から若干改良。プラスチック段ボールに直接テーブルクロス(光沢なし)を巻いていた間へ黒の羅紗紙を挟む事で、乱反射を減らしました。


さっきの窪みは収納スペースに。そこそこの深さがあるのでジョイスティックが難なく仕舞えますね。常時使うわけではないアップスキャンコンバータや、基板の配線周りなどの雑多なものをドサドサと。


モニターアームは90度ごとにロックがかかります。基板やアーケードからの移植で縦画面ゲーに触れる事がない人にはよくわからない感覚かも知れませんが、画面を簡単に回せて且つロックがかかって安定するというのは、シューティングをよく遊ぶ人間にとって非常に重要なんですね。最近は回転出来る機構を備えたモニタも多いとは言え、全てが簡単に縦画面に出来るとは限りませんし、TVだとそもそも縦置き想定していません。XAC-1はTV用のマウンターも付属していて、あらゆる画面の回転を行う事が出来るようになっています(もちろん重さと大きさの制限はある)。
また今回初回出荷購入特典として、アーケードのコンパネをそのまま取り付けられる天板が付属していますが、それそのものは持っていないのでとりあえずは従来通りにジョイスティックで。

**********

パーツ数37・ネジ&工具数151・梱包含めた総重量88kg。この手にありがちな微細なネジ穴寸法ズレもない質の高さで、組み立ては見かけに反してびっくりするほど簡単でした。満足度は非常に高い。
昨年末からちょこちょこと環境を変えていた自室のPC&ゲームまわりはこれにて一段落かな。本当にこれ以上ゲームに向いた机はありえないので、ずっとずっと使っていきたいものですね。

プロジェクタ導入記

3月 31st, 2013 No Comments »



唐突にプロジェクタを買うなどしました。
随分前から欲しい欲しいとは言っていた気がします。しかしぶっちゃけ画面を映すのはモニタだけあれば済む話で中々踏ん切りが付かなかったのですが、近く予定している用事に際して「よそからプロジェクタ借りる時に映る映らない心配するなら自前で持った方が良くね? ついでに家で色々やってみたらいいんでね?」という結論になり購入した次第です。

機種はエプソンのEH-TW400。上を見たらキリがないのでしょうが、初めてのプロジェクタであれば申し分ないだけの機能は備えていると思います。台形クイック補正も微調節がすぐに出来て良いですね。
スクリーンは専用のものを購入していません。いえ決して買うお金がないとかそういう訳ではなくて、ニコ動のミクさん召喚部タグのように将来的には色々な素材で映す方向で遊んでいきたいという野望があります。だったら最初から安い素材で何とかしてしまおうというわけで、今はプラスチック段ボールにテーブルクロスを張ったものを画鋲で留めて代用中。掛かった費用約2000円。

しかし、同じ映像がデカいだけでこんなに楽しいとは。我が家にはHDMIへのアップスキャンコンバータX-RGBminiも在りますから、アーケード基板ほかプロジェクタ直結では映らない機械も映したい放題です。やべーなにしよう。
その前に平日休日ドタドタしてるのどうにかせえよって話ですね。5月には落ち着く…といいな。

ウォークマン新調

10月 21st, 2012 No Comments »


ウォークマン2012年モデル発売。ウチ的にはNW-A840からNW-F800、実に3年ぶりの更新。
Fシリーズは今年から登場の新カテゴリで、従来のAシリーズを置き換えるものとなります。最も大きな変更点はファームがソニーカスタムからAndroid OSになった事。これでデジタルアンプS-MASTER MXを搭載する上位2機種はAndroid、非搭載機種はソニーカスタムとわかりやすい区分けになりました。

3年も買い控えをしていた理由はバッテリ持続時間にあります。シェアを猛烈に奪い続けるiPodに対抗するべくウォークマンは音質向上に活路を見出す事となったのですが、それに応じてバッテリ時間は減少する一方でありました。特に上位機種が顕著で、初代Aシリーズで30時間台半ばあったのが3年前のNW-A840で29時間になり去年のNW-A860では23時間、Z-1000に至っては20時間になっていたんですね。S-MASTER搭載・強化とタッチパネルの有無が主たる原因とは言え、さすがに25時間切るのは厳しくね? と思っていたらF-800で25時間まで戻ったので、まあ買ってもいいかと。

音質は今まで持っていた機種がMX搭載ではないので単純比較が出来ませんが、音の鳴り方の傾向が変わったかな? とは感じます。何のジャンル聴くかにも寄るけど、ウチが聴くジャンル的には今機種の方が自然。
操作性は、側面物理ボタン仕様がA-860ではなくZ-1000を継承。つまり再生・停止/順送り/戻しの物理ボタンがありません(音量調整の物理ボタンは健在)。これの代用として “ホールドしたまま” タッチ操作出来るウィジェット用物理ボタンがあって、そちらで行う形で概ね同水準の使い勝手は維持されています。ここで行えるタッチ操作はタップで再生と停止、右フリックで順送り、左フリックで逆送り。絶対座標へのタップを要求されないので、触ってみると不便さはそれほど感じないはずです。
またAndroid搭載による「ウォークマンとしてのメニューの上にもうひとつAndroidホーム画面が増えた不便さ」の懸念はウォークマンアプリを起動しっ放しにしておけば良いだけの話でした。気にするほどの話でもなかった。
あ、そうそう。ストラップ穴は健在です。従来のように物理的に穴があいてます。

とりあえず今年買うならF一択でしょう。機能バランスが良く上位/下位機種と比較した時のコストパフォーマンスにも優れています。去年のラインナップ見た時は将来の展開を今度こそ心配したものですが、デザインもスッキリしましたしこれなら数年使い込んでいけるかなという感じではありますね。大雑把にも程がある雑感ですがこんな感じで。

板状の何か

4月 30th, 2011 No Comments »

■Apple iPad2
http://www.apple.com/jp/ipad/

WiFi黒32GBモデルを発売日に購入済です。これでウチもiPadデビュー。
普通に仕事でしたし朝から並びに行ける程暇な日ではなかったのですが、外回りを終えてブツだけでも見ようと正午ちょい前に有楽町ビックカメラに寄ったらまだ残ってたんですね。大量に押しかけたサラリーマン(自分含)により昼休み終わる頃にはWiFiモデルの在庫切れてましたけど。
解像度だけならiPhone4と大して変わらないんですが、やはり大きいとそれだけで色々違って来ますね。タッチ自体がしやすいし、BTキーボードを使おうという気になるし。ノートPC等とは比較にならない起動の早さを活用して物書きしたり、発色が素晴らしく良いのでデジカメで撮った写真の母艦にしたいなあ等と思っております。